ホームプロフィール 事務所概要・地図問合せフォームENGLISH
読みにくい和訳に悩まされていませんか
契約書の和訳はその性質上、とにかく原文に忠実であることが重要です。これは基本中の基本であり、当事務所では原文に対して正確であることを第一と考えています。では、この第一段階をクリアした後の第二段階は何か。それは読みやすさだと考えます。読みにくい契約書は、使用者にとって使いにくく、意味を取り違える危険性もあるためです。
英語と日本語の文章の構造は異なるため、微妙なニュアンスも含めてすべて正確に日本語にしようとすると、冗長になったり、意味不明な日本語になったりしがちです。これを、意味を変えることなく、内容を削ることなく読みやすい日本語にするためには、原文の内容を正確に理解している必要があるため、正確かつ読みやすい契約書の和訳というのは、じつは手に入りにくいものです。
当事務所では、英文契約書に関する専門知識に基づき内容を正確に理解した上で、読みやすい和訳をお届けしています。たとえ自然な日本語であっても、単語や内容の表面的な理解に基づく翻訳を使用することは危険です。多様な契約書に精通している当事務所に、翻訳をご依頼ください。
契約書の英語とは
日本語の契約書には、「甲、乙」という当事者の呼び方、「?するものとする」という語尾など、契約書らしい用語や言い回しがあります。英語でも同じで、たとえば「甲、乙」に相当するものとしては、会社名の短縮や、「売主、買主」などがよく使われます。(「甲、乙」をそのままローマ字にして「Ko、Otsu」では意味をなしません。)「契約書の英語」ともいうべき、英文契約書に固有のこれらの用語や表現には、他にこのようなものがあります。
英文契約書の知識を持ち、多数の翻訳経験を持つ当事務所では、適切な場所に適切な用語を使用し、正確な英訳をお届けしています。多様な契約書に精通している当事務所に、翻訳をご依頼ください。
ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォーム リンク集
英文契約書の作成日本語契約書の作成英文契約約書の翻訳日本語契約書の翻訳
契約書のリーガルチェック文章スピード相談ENGLISH
Copyright © 2010 法務・翻訳事務所オーロラ all rights reserved.